お知らせ

NEWS

2022/10/30

フケの原因は乾燥? 日頃からできる4つのフケ対策と予防法

フケとは、皮膚の老化により剥がれた古い角質のことです。

生活する上でフケが出るのは仕方ないことですが、正しい頭皮ケアと生活習慣によって改善できます。

今回はフケの原因を詳しく解説するとともに、正しいフケ対策やフケ予防に効果的な生活習慣をご紹介します。

皮膚にはターンオーバーと呼ばれる、1ヶ月程度で古い皮膚が生まれ変わるサイクルがあります。

このサイクルにより剥がれた「古い頭皮の角質」がフケです。

つまり誰にでも発生しますが、ターンオーバーが乱れると良くない特性のあるフケが発生します。

それが次の2種類です。

脂性フケ
乾性フケ
それぞれの特性について見ていきましょう。

脂性のフケはサイズが大きく、ベトベトしていることが特徴です。粘り気があるため毛穴に詰まりやすく、抜け毛の原因にもなります。

脂性のフケが発生する原因は、皮脂の過剰な分泌です。

皮脂の分泌量は性別によって差があり、男性のピークは10代〜60代で、女性は30代までです。男性のピーク期間が長いのは、男性ホルモンが大きく影響するからです。

また、皮脂分泌には季節も関係します。例えば夏の暑い時期に代謝が良くなると皮脂腺の活動も活発になり、皮脂の分泌量が増えます。

皮脂の分泌にともなって起こるのが、皮脂を餌とするフケの原因菌の異常増殖です。

この原因菌の異常増殖によってかゆみや炎症の元となる脂性のフケが発生します。


②乾性のフケ

乾性のフケはこまかくカサカサしているのが特徴です。頭皮の乾燥が原因で発生します。

皮脂の分泌が多いことが原因である脂性のフケに対し、皮脂の分泌が少ないことで発生するのが乾性のフケです。

皮脂が少なくなることでターンオーバーのサイクルが早まり、未熟なまま剥がれた角質が乾性のフケとなります。

なお、乾性のフケは頭皮が乾燥する秋から冬の時期に発生することが多いです。

乾燥肌の方も頭皮が乾燥しやすいため、乾性のフケができやすい状態であるといえます。

また、乾燥した頭皮はとても敏感なため、少しの刺激でも炎症を起こして、かゆみの原因にもなりますので注意しましょう。

ドライヘッドスパはフケ対策にも効果的

ドライヘッドスパは名前の通り、乾いた状態のヘッドスパを指します。オイルなどを使うヘッドスパとは違い、頭皮をもみほぐし、内側から頭皮環境を整える効果が期待できます。



このドライヘッドスパは、フケ対策にも効果が期待できるケア方法です。



指圧や他のマッサージと比べて優しい力でもみほぐすのが特徴で、頭皮全体をマッサージしていきます。頭皮や頭部の筋肉を傷付けないように優しくじっくりほぐします。

ドライヘッドスパの効果は頭皮の内側から実感できます。頭は心臓より高い位置にあるため、血流が悪くなりがちです。

ドライヘッドスパでもみほぐすことにより血行が促進され、健康な頭皮環境を作るための栄養素が行き届きやすくなります。

フケは乾燥のものと脂性のものの2種類に分けられますが、いずれも原因は頭皮環境の悪化によるものです。

ドライヘッドスパで頭皮環境を内側から整えることで、フケ対策に高い効果が期待できます。

フケの原因は乾燥? 日頃からできる4つのフケ対策と予防法
フケの原因は乾燥? 日頃からできる4つのフケ対策と予防法

2022/10/07

体調を崩しがちな季節の変わり目、どうやって乗り切ればいい?

季節の変わり目に表れる体調不良は、体から心の症状まで多岐にわたります。

気候の変化は避けられませんが、自律神経のバランスを整えることで、症状を緩和できます。健康に過ごすために、日々の生活の中で以下のようなことに気を配ってみましょう。

自律神経を整える栄養素を摂る

・ビタミンB群…神経の働きを正常に保つ役割があるビタミンB群は、ストレスをためこんだ状態が続くと消費されやすく、不足すると自律神経のバランスが崩れやすくなります。ビタミンB6やB12が含まれている秋の味覚を代表するサンマをはじめ、カツオやウナギなどを、日頃からしっかり取り入れましょう。

昆布やワカメ、ヒジキなどに含まれるマグネシウムと一緒に摂取するようにすると、ビタミンB群の働きを助けるのでより効果的です。

・マンガン…干ししいたけ、キウイフルーツなどに含まれるマンガンは、神経過敏を和らげるとされています。

・カルシウム…牛乳やニボシなどに含まれるカルシウムは、イライラした気持ちや興奮を抑えて眠りにつきやすくする働きがあります。

・GABA(ギャバ)…アミノ酸の一種であるGABAは、不足すると自律神経が乱れやすくなると言われています。トマトに多く含まれていますので、1日1個を目安に、習慣化して食事に取り入れてみましょう。

・カフェインレスの飲み物…朝や仕事始めにコーヒーを飲む方もいるでしょう。コーヒーは交感神経を活発にさせます。気圧や気温の変化によって自律神経が乱れているときは控えて、カフェインレスの飲み物を選ぶといいでしょう。

睡眠をしっかり取る


寝ている間は副交感神経が優位に働き、体や心を休ませてくれます。38~40℃の湯をバスタブにはり、10分以上ゆったりつかると寝付きが良くなり、ぐっすり眠ることができるようです。


朝食を食べて、朝日を浴びる

寝ている間優位に働く副交感神経のほうが、腸に働きかけて便意を促します。昼の交感神経に切り替わる前に、朝食を食べて腸を刺激して排便習慣をつけましょう。

腸内環境が整うと、自律神経のバランスも整うと考えられています。そして、朝日を浴びると「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」が分泌されます。体だけではなく心の調子も整える役割があるため、数分間でも朝日を浴びておきましょう。


室内と屋外の温度差を減らす

暑い日に冷房がしっかり効いた部屋にいると、体のだるさを感じることもあると思います。これは寒暖差に対応するためにエネルギーを使っているからです。

屋外と室内の温度差が開きすぎないように、エアコンの設定温度を見直しましょう。夏場は扇風機を併用して調整し、冬場は湯たんぽや、温かい飲み物でじんわりと体を温めるといいでしょう。


耳をマッサージする

気圧を察知する内耳の器官は、血行が悪くなると浮腫んで過敏になります。天候が崩れそうなときは、耳と耳の周りをもみほぐし、耳をつまんで上下や横に引っ張ったり、回したりしてマッサージしましょう。

耳の後ろの部分をホットタオルなどで温めるのも、血行を良くする方法です。


ストレスをためない

ストレスを多く感じているときは、心身をリラックスさせる副交感神経が優位に働くような対策を取りましょう。

暗めの照明の部屋で静かな音楽を聞くことや、ラベンダーなど鎮静作用のあるアロマの香りでのんびりと寛ぐのがおすすめです。軽いストレッチも気分転換になります。


体調を崩しがちな季節の変わり目、どうやって乗り切ればいい?
体調を崩しがちな季節の変わり目、どうやって乗り切ればいい?

2022/08/20

土曜日・日曜日のみの限定営業

新型コロナ感染拡大防止の為、土曜・日曜日のみの限定営業となります。

ドライヘッドスパサロン ひつじのお昼寝をご愛顧頂き、誠に有難う御座います。
ご利用中・ご検討頂いているお客様には、ご迷惑とご不便をお掛けしておりますが、
何卒ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

土曜日・日曜日のみの限定営業
土曜日・日曜日のみの限定営業

2022/08/10

お盆期間中は休まず営業致します。

コロナ禍で大変な時期だからこそ、普段の疲れやストレスを解消するチャンス!

ドライヘッドスパ専門店 ひつじのお昼寝では、お盆期間中は休まず営業致します。
期間 8月13日(土)~8月21日(日)まで。

営業時間 9:00~19:00

LINE@ WEB予約 お電話にてご予約下さい。
完全入れ替え制・完全予約制ですので、ご安心してご来店頂けます。

コロナ感染拡大防止の為、次のお客様には1時間半程お時間を頂いております。
店内の消毒と店内換気の為ですので、何卒ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

また、LINE@からの3日前の早期ご予約で1.000円引きになるキャンペーンも実施中です。
お得なこの機会に是非ご活用下さい!

LINE@からの3日前早期割のお値段について

~疲れが取れない・よく眠れない方へ~
60分 快眠・爽快 ドライヘッドスパコース 4.000円→3.000円

~全身ボディケアで身も心もリラックス出来る贅沢なコース~
90分 全身ボディケア・ドライヘッドスパコース 6.000円→5.000円

にてご利用頂けます。

お盆期間中は休まず営業致します。
お盆期間中は休まず営業致します。

2022/07/24

夏にこそオススメしたい2つの予防法!

夏の体調不良を「夏バテ」とは言わない

ご存知でしたか?「夏バテ」とは、名称から夏のみの病気であると思われがちですが、本来は夏の体力低下が秋口に影響して体調を崩すことを意味し、夏の時期に体調の悪さを「夏バテ」と表すのは誤用なのだそう。

また、気候の変化が激しい梅雨や初夏にも起こりやすいというのも特徴です。


夏バテの症状と対策

夏バテは体だけでなく頭皮や髪にも影響を与えてしまいます。

『体』と『頭皮や髪』の夏バテ、それぞれの症状と対策を見ていきましょう。


『体』の夏バテ

夏の暑さや気温と湿度の急激な変化による自律神経系の乱れが原因で体に現れる様々な症状のことをいいます。

【症状】

全身の倦怠感、思考力低下、食欲不振、下痢、便秘、頭痛・発熱・めまいなど

ストレスや冷房による冷え、睡眠不足なども原因として上げられます。



【予防と対策】

・バランスのとれた食事

・適度な運動

・エアコンの適切な使用など




『頭皮や髪』の夏バテ

食欲不振や冷房による冷えは、体だけでなく頭皮や髪の栄養不足、血行不良に陥らせ、育毛環境が著しく悪化してしまいます。同時に毒素も溜まってしまうので、髪の育毛を阻害し、抜け毛や薄毛の原因になることもあるのです。

また、夏場は皮脂や汗の分泌が過剰になるため、それらが毛穴に詰まって髪の成長が妨げられることもあります。

髪そのものは、紫外線や海水・プールの塩素などでも傷みやすく、変色や切れ毛・抜け毛といったトラブルが頻発します。 このように夏バテを起こした髪は極端に弱ってしまい、「抜け毛の季節」言われる秋には必要以上の量が抜けてしまいます。

そして、そのまま回復せずに薄毛となってしまう可能性も十分あり得るのです!

【症状と原因】


冷房 頭皮や髪が乾燥し、枝毛・切れ毛の原因に。

また頭皮が血行不良になり、髪に栄養が行き届かなくなる。

汗や皮脂 毛穴に詰まって育毛の妨げになる。

紫外線 キューティクルが傷ついて髪から水分が失われ、パサつきの原因に。

栄養不足 食欲不振による栄養不足で、髪に運ばれる栄養も減少。



【頭皮と髪の夏バテ予防】

・紫外線対策

やはり紫外線予防からしっかりとするのは非常に大事!

・ 丁寧なシャンプー

寝汗なども気になる時期こそ朝シャンをしたくなりますが、やはり夜シャンをオススメします。

夏にオススメする2つの夏バテ予防法
◎ 入浴

冬の季節はもちろんですが、冷房や冷たい食べ物や飲み物などで体内の臓器まで冷えてしまう夏場にも、入浴の効果は最適なのです!

入浴することで心身ともにリラックス状態にし、副交感神経を優位にさせ、免疫力を低下させないよう自律神経のバランスを整えます。

また、人間は体温の低下によって眠気を感じるようにできているので、入浴による体温上昇でお風呂から出た後は必然的に体温低下が起き、良質な睡眠も得られるはずです。



<夏場のオススメ入浴法>

① お風呂の前にコップ1杯程度の水分補給

② お湯の温度は38度~40度のぬるめの設定

※42℃以上の湯に浸かると「交感神経」が優位に働いてしまうので、お湯はぬるめが適温。

③ 湯船の中に少量の塩を大さじ1~2杯(15~30g)を入れる

塩には保温効果があり、普通のお湯よりも温かくする上、湯冷めもしにくくなります。

また、発刊作用も高くなり、殺菌効果で背中ニキビにも効く効果も!

岩塩やあら塩、バスソルトも効果的でしょう。

④ 入浴中も水分補給はしっかり取る

⑤ シャワーの温度もぬるめ設定

肩などの凝り固まっている部分にシャワーを当てましょう。

水圧で筋肉を刺激し、血流を改善することが出来ます。

マッサージ効果が得られるというメリットがあり、肉体的・精神的な緊張が解放されるのです。


◎ クールヘッドスパ

暑くなってくると、美容室などでもポップを見かけるのではないでしょうか。

シャンプーやトリートメント、頭皮化粧水などにメントール成分を効かせたコスメ販売、それを取り入れたサービスが行われます。

実はメントール成分には、爽快感だけでなく疲労回復、殺菌・消毒効果もあるので、自律神経を整えつつ頭皮をより清潔にしてくれます!

※ ただし、刺激性がありますので、頭皮に傷や湿疹などの異常がある方、敏感肌の方、妊娠中の方は避けた方が良いでしょう。

暑いからといって、シャワーだけで済ませがちなこの季節。

良質な睡眠は夏バテに負けない健康的な身体をつくるために欠かせないものです。

まずは自分にあった夏バテ予防を見つけて、今年の夏を元気に乗り切りましょう!



髪を濡らしたくない・ヘッドスパだけで美容院に行くのは気が引ける・・
そんなあなたに水もオイルも使わない、ドライヘッドスパがお勧めです♪

夏にこそオススメしたい2つの予防法!
夏にこそオススメしたい2つの予防法!